離婚Q&A―離婚手続きのQ&A

調停と裁判はどこが違うのですか

離婚調停も離婚裁判も、家庭裁判所で行います。
同じ、家庭裁判所で行う手続ですが、調停は調停委員会という第三者が立ち会って、話し合いによる解決を試みる手続です。
裁判とちがって、調停の当日に口頭で調停委員に事情や希望を伝えることが可能です。難しい書類を出す必要はありません。
申立書も簡単なひな形が用意されているので、だれでも申立ができると思います。
話し合いなので、柔軟な解決が期待できるのですが、反対に、双方の意見が真っ向から対立していると、合意ができる見込みがないとして、不調(不成立)で終わってしまいます。

一方、裁判は、最終的には裁判官が離婚の成否を決めます。必ず結論はでます。ただし、証拠や証言の内容を厳密に審理判断されるので、証拠が不十分だと、望むような解決にならないこともあります。手続も難しいと感じることが多いと思います。