少年事件Q&A

少年の年令によって少年事件の扱いは違いますか。

 違います。14才未満と14才以上で大きく扱いが違います。14才未満の少年を法は刑事未成年として,たとえ刑罰法令に触れる行為をしても,法律上,罪を犯したことにならず児童相談所などによる児童福祉法上の措置を優先します。触法少年といいます。14歳未満の少年については多くは児童相談所が扱います(家庭裁判所が扱うことは稀です)。