少年事件Q&A

14才以上の少年の扱いはどうなりますか。

 警察にも逮捕勾留されますし,家庭裁判所にも送られます。
 14才以上の少年が刑罰法令に触れる行為をした場合(万引き,自転車泥棒,かつあげ,暴行傷害など),警察に逮捕も勾留もされます。その後,家庭裁判所で審判を受けることになります。「犯罪少年」です。この他に犯罪を犯すおそれがある少年(深夜徘徊,家出など)を「ぐ犯少年」といいますが,同じ扱いになります。これらは通常「少年事件」と呼ばれてますが,家庭裁判所では「保護事件」と呼んでいます。