少年事件Q&A

少年事件には弁護士は不要であるとの考え方がありますが?

弁護士が付添人となることは必要です。
前項のように弁護士は少年の権利保護と更正のためにいろいろな活動を行います。「弁護士を付けても処分は変わらないから,付けることはない」との意見もありますが,全く見当違いです。未熟な少年には付添人の援助は絶対に必要です。弁護士費用についても大きな心配はありませんので(後述)積極的に弁護士に依頼することをお勧めします。