少年事件Q&A

少年事件の被害者ですが,被害者のための制度が新設されたようですがどんなことが出来るようになったのでしょうか?

最近の少年法改正で新設された制度は,
1)少年事件記録の閲覧・コピー
2)信条や意見の陳述-審判の場あるいはそれ以外で裁判官などに伝えられます。
3)審判の傍聴-裁判所に申し出て下さい。不相当として傍聴できない場合もあります。
4)審判状況の説明-説明を受けることができます。
5)審判結果の通知