医療過誤Q&A

医療の世界でよく使われる「インフォームド・コンセント」とはどういう意味ですか?

 インフォームド・コンセント(英語:informed consent)とは、患者の自己決定権に資するために「正しい情報を得た(伝えられた)上での真摯な合意」を意味する概念です。「IC」と略称します。
 具体的には治療薬の決定・手術の決定・麻酔についての説明・輸血の必要性がある場合等の場面で問題となります。
 医療者が、そのような治療行為に先立って、その内容を説明し、同意書、承諾書の作成を求めてくることがありますが、インフォームド・コンセントの実践ということになります。
 もっとも、最近では、インフォームド・コンセントが形骸化している状況もうかがえるので、患者の自己決定権をいかにして実質化するかということが課題になっています。