労働問題Q&A―労災関係

労働審判の手続と、そのメリット・デメリットについて教えてください。

 労働審判の手続は、原則として3回の期日で審理を終え、結論を出そうとするものですから、非常に短期間で解決が図れるというメリットがあります。もっとも、それに向けて、労働審判手続の準備を周到に行う必要があります。デメリットとしては、労働審判での解決が図れないと通常訴訟に移行することになりますので、2度手間になってしまう可能性があるということがあげられます。