離婚Q&A―離婚と財産分与のQ&A

分ける財産が全然ない場合は全く何も分与してもらえないのですか。

精算の対象となる財産がなければ、財産分与はゼロ、が通常です。

ただし、長年専業主婦であるなどの事情で、離婚後、経済的に自立することが困難である妻に対し、夫は安定した収入があるようなケースでは、例外的に扶養的財産分与が考慮されることがあります。

妻が結婚後に家庭生活を維持するために(家事や育児に専念するために)仕事を辞め、それまでのキャリアを失った一方で、夫は結婚後も妻の家事労働に支えられながら、着々とキャリアを積んできた結果、離婚時に大きな経済的な格差となって突きつけられる現実(不公平)を、公平の原理から修正するための仕組みです。