消費者問題Q&A

3 訪問販売に応じて結んだ契約を後で取り消せるか?
 5日ほど前,自宅に新聞販売のセールスマンが尋ねてきました。この春から就職して働き始めたばかりであったため,社会人として新聞くらい読まないといけないと思って勧誘に応じ,購読契約書に署名・捺印しました。早速翌日から新聞が届き始めましたが,実のところ仕事が忙しくて新聞を読む暇もないため,契約したことを後悔しています。契約を白紙に戻すことはできるでしょうか?

 当事者双方が合意して締結した契約を、後から一方当事者の都合のみで解除することは原則としてできません。しかし,訪問販売においては,自宅に尋ねてくる販売員のペースに巻き込まれてしまい,契約に向けた意思が十分に成熟しないうちに契約締結に至ってしまうことがあるため,特定商取引法による保護が受けられます。ただし,同法による保護を受けるためには,当該契約を営業のためにまたは営業として締結するのではない者でなければなりません。本件では,特定商取引法の定める法定書面(契約の重要事項を記載した申込書または契約書で,記載事項が法律で定められている)の交付を受けた日から8日を経過しない間であれば,契約の解除(クーリング・オフ)をすることができます(特定商取引法9条1項)。