消費者問題Q&A

5 クーリング・オフはいつでも可能ですか?口頭でなく書面で行わないと効果がないのでしょうか?

 クーリング・オフには期間制限があります。取引形態によって期間は異なり,例えば訪問販売や電話勧誘販売,特定継続的役務提供契約では8日間,連鎖販売取引や業務提供誘因販売では20日間となっています。ただし,この期間制限は,特定商取引法が定める法定書面(契約の重要事項を記載した申込書または契約書で,記載事項が法律で定められている)を交付された日から進行するため,契約書面を受け取っていない間は期間制限が進行しません(ただし,契約締結から5年を経過するとクーリング・オフができなくなるとする考えが有力です)。クーリング・オフの行使方法について,特定商取引法には「書面により」との文言がありますが,同法が消費者保護のために制定されたことから,口頭で行っても効果を生じるとする裁判例もでています。しかし,口頭でのクーリング・オフについては後日証明をすることが必ずしも容易ではないため,書面(できれば内容証明郵便)にて行うのが確実でしょう。