消費者問題Q&A

8 内職をあっせんすると言われてパソコンを買ったのに仕事をもらえない。パソコン代金を返してもらえないか?
 長年勤めていた会社が倒産したため,仕事を探していたところ,新聞で「ホームページ作成のお仕事」「自宅で働けて月収30万円以上」等と書かれた広告を見つけて応募しました。話を聞いてみると,その業者が雇ってくれるわけではなく,他社からの仕事をあっせんしてくれるとのことでした。その業者と業務委託契約を締結した他に,仕事に必要だからと言われて紹介された別業者から30万円のパソコンを購入したのですが,いっこうにホームページ作成の仕事をあっせんしてもらえません。だまされたと感じているので,パソコン代金を返してもらえないでしょうか?

 本件のように,仕事のあっせんを餌として本命である商品販売を行うタイプの取引は,業務提供誘因販売として特定商取引法により規制されています。法定書面(契約の重要事項を記載した申込書または契約書で,記載事項が法律で定められている)を交付された日から20日以内であれば,業務委託契約だけでなく,パソコンの売買契約も解除することができます。20日を経過した後でも,「間違いなく月収30万円以上稼げる」等の説明を受けていた場合には,業務提供利益に関する事項につき不実のことを告げられて誤認した結果契約を締結したとえいるので,契約を取り消すことができます。