消費者問題Q&A

10 高齢の母が高級布団を大量に買わされていた。キャンセルして代金を取り戻せないか?
 一人暮らしをしている母親の家を久しぶりに訪れたところ,半年ほど前に訪問業者に勧誘されて高級羽毛布団を10組も買っていました。母親宅はお客さんを泊められるほど広くありませんし,10組も布団を使うことはありません。代金は100万円で,ショッピングクレジット契約で支払うことにしたようなのですが,契約を解約することはできるのでしょうか?

 訪問販売において,日常生活において通常必要とされる分量を著しく超える商品を購入した場合には,契約締結から1年以内であれば売買契約を解除することができますし(特定商取引法9条の2),ショッピングクレジット契約についても解除することができます(割賦販売法35条の3の12)。本件で,一人暮らしでお客さんを泊める機会もない人にとって,10組の布団は日常生活において通常必要とされる分量を著しく超えるといえますから,売買契約及びクレジット契約を解除することができます。