離婚Q&A―離婚と面接交渉のQ&A

離婚後の子どもとの面会については、どうやって決まっていきますか。

 夫婦(元夫婦)の間で、話し合いができなければ、家庭裁判所での調停や審判などできめることになります。

離婚が成立して一方が単独親権者になったとしても、親権者とならなかった親との親子関係がなくなってしまうわけではありません。
離婚後も親子の交流が、子どもにとって望ましいものであれば(子の福祉という言い方をします)、面会交流が認められるケースが多いです。

ただし、面会交流については、夫婦(元夫婦)の感情的対立が厳しいところでもあるので、簡単には合意ができないことが多いです。

面会交流が認められるケース、認められないケース、認められるけれど相当制限されるケースなどいろいろあります。
詳しい事情をもとに判断されますので、経験豊富な弁護士にご相談ください。