交通事故Q&A

事故で、通院しています。これまで、相手方の保険会社が、通院費用については、病院に直接しはらっていてくれておりましたが、事故から6カ月経って、相手方の保険会社から通院費の支払いを打ち切られました。今後は、通院してはいけないということでしょうか。

 賠償の対象となる治療費は、その治療によって症状の改善が見込まれる治療であることが必要です。治療によって症状の改善が見込まれるかどうかは、医学的判断になるため、医師と相談しながら治療期間を決めることになります。他方、保険会社は、患者の通院状況や治療内容から、保険会社の判断として相当な治療期間を決めます。相手方保険会社が治療費の支払いを打ち切っても、医師と相談のうえ、治療が必要であると判断できる場合には治療を継続した方がよいでしょう。その間の治療費は自分で出す必要がありますが、訴訟を提起して裁判所が相当な治療費として認めれば、相手方の保険会社から支払いを受けられます。