債務整理Q&A

 私は,全部で1,000万円の債務があるのですが,民事再生手続を利用できるのでしょうか。民事再生手続が認められる要件を教えて下さい。

 まず,手続き開始の要件ですが,
  ① 「債務者に破産手続開始の原因となる事実の生ずるおそれがあるとき」または「債務者が事業の継続に著しい支障を来すことなく弁済期にある債務を弁済することができないとき」
  ② 「個人である債務者のうち,将来において継続的にまたは反復して収入を得る見込みがあり,かつ,再生債権の総額が五千万円を超えないもの」場合
の2つを満たす場合のみ行うことができます。
 簡単にいえば,任意整理が考えられないほどに債務が大きいけれども,定期的な収入があり,そして債務の総額が5,000万円を超えないことです。
 次に再生計画が認可されなければなりませんが,その認可の要件は,
  ①債権者の一般の利益に反しないこと(破産手続によるよりも債権者の配当額が多いこと)
  ②以下の最低弁済基準を超える弁済額を原則3年で支払うものであること
     「基準債権」が3,000万円以下の場合には
      基準債権の5分の1(但し基準債権5分の1の金額が100万円以下なら100万円以上の金額,基準債権の5分の1の金額が300万円以上ならば300万円)
     「基準債権」が3,000万円を超え5,000万円以下の場合には
       基準債権の10分の1の金額以上
     *「基準債権」とは住宅ローン等を除いた債務総額です。
  ③再生計画に対する債権者の不同意が債権者の総数の半数に満たず,かつ,その議決権額が議決権者の議決権総額の2分の1を超えない場合であること
が必要です。
 つまり,あなたの場合,①から再生計画により支払う債務の総額が,あなたの持ち家等を売った場合の代金や,破産時の保険の解約返戻金,破産時に退職したら受け取れる退職金の金額等を合計した金額を超える返済計画であることが必要になります。また,債務総額が1,000万円なので,②から200万円以上を3年間で支払う計画であることが必要です。