債務整理Q&A

 自己破産すれば全ての債務が免除されるのでしょうか?

 個人の破産の場合、免責許可決定が出されることで、債務の支払いが免除されることになりますが、すべての債務がそのような扱いを受けるわけではありません。つまり、非免責債権といって、免責の対象とならない債権や,「免責不許可事由」の存在により免責が認められない場合があります。
 「非免責債権」となるものは税金,罰金,悪意の不法行為債権,故意に債権者として破産手続開始・免責許可申立書の債権者名簿に記載しなかった場合のその債権者に対する債務などです。
 つぎに「免責不許可事由」ですが,
 ① 財産の隠匿
 ② 不利益な条件で債務を負担したり,信用取引によって商品を購入し著しく不利益な条件で処分した場合(繁華街等でたまに看板を見かけるクレジットカードのショッピング枠の現金化など)
 ③ 特定の債務者を優遇するような担保の供与や債務の消滅に関する行為をした場合(勤めている会社からの借金を優先して支払うなど)
 ④ 浪費やギャンブルなどの射幸行為によって著しく財産を減少させたり,過大の債務を負担した場合
 ⑤ 詐術による信用取引(他人の名義を冒用して借金をするなど)
 ⑥ 裁判所に対して財産・負債について虚偽の申告や陳述を行った場合
 ⑦ 商業帳簿に不公正な記載をするなど財産の現況を糊塗した場合
 ⑧ 前に自己破産をしたことがあり,その免責許可から7年が経過していない場合
があります。ただ,これらの免責不許可事由があっても裁判所の裁量により借金の全部又は一部の免責がされる可能性がありますので,免責不許可事由があるからと言ってすぐに自己破産をあきらめないでください。