離婚Q&A―こんな理由で離婚できるの?

妻が新興宗教にのめり込んでしまったことは、離婚原因になりますか。

上記「770条1項」のうち5号「その他婚姻を継続し難い重大な事由」にあたることがあります。
ただし、信仰の自由は憲法で保障された人権ですので、信仰即離婚とはならず、具体的な事情を詳しく検討する必要があります。


夫が全然働かないことは、離婚原因にあたりますか

上記「770条1項」のうち5号「その他婚姻を継続し難い重大な事由」にあたることがあります。
ギャンブル漬けとか莫大な借金を負ってしまった事情も同じように考えられます。


暴力は、離婚原因のどれにあたるのですか

配偶者からの暴力は、上記「770条1項」のうち5号「その他婚姻を継続し難い重大な事由」にあたることがあります。


どんな理由があれば離婚できるのですか

結婚するときと同様で、夫婦の意見が一致するときは、理由をとわずに
協議離婚が成立します。
意見が合わないときは、家庭裁判所の調停で話し合うことになります。
裁判所が用意した調停申立書の「申立の動機」欄には
  1 性格があわない
  2 異性関係
  3 暴力をふるう
  4 酒を飲みすぎる
  5 性的不調和
  6 浪費する
  7 異常性格
  8 病気
  9 精神的に虐待する
  10 家庭をすててかえりみない
  11 家族と折り合いが悪い
  12 同居に応じない
  13 生活費を渡さない
  14 その他
といった項目が並んでいて○や◎をつけるようになっています。
調停でも意見がまとまらない場合は、裁判になることもあります。

裁判になると最後は裁判官が判決で決めます。
法律(民法770条1項)には
  一 不貞な行為があったとき。
  二 悪意で遺棄されたとき。
  三 三年以上生死が明らかでないとき。
  四 強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
  五 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。
と定められていますので、裁判官はこういった事情があるかどうかを判断します。