事務所トピックス

第5回 神奈川県在宅医療推進フォーラムのお知らせ

事務所からのお知らせ

 本年10月18日(日),神奈川県民ホール小ホールにて,「第5回 神奈川在宅医療推進フォーラム」が開催されます。
 本年度のプログラムとしまして,「末期がんでも在宅で生活するために」をテーマとしたシンポジウム等を予定しております。
 ジャーナリストの鳥越俊太郎氏が特別講演をご担当されるほか,当事務所の海野宏行弁護士もコメンテーターとして出演いたします。
 参加費無料で,どなたでもご参加いただけます。皆さまのご来場をお待ちいたしております。

■日 時:平成27年10月18日(日)13:00~17:00
■場 所:神奈川県民ホール 小ホール
 (みなとみらい線日本大通り駅徒歩約6分,JR・市営地下鉄関内駅徒歩約15分)
■参加費:無料
■主 催:神奈川県在宅医療推進フォーラム運営委員会
     神奈川県在宅療養支援診療所連絡会

※定員400名,要参加申込みです。詳しくは以下のPDFファイルをご覧ください。

【ご案内PDFダウンロード】

更新日 : 2015年08月24日 > お知らせ, 事務所トピックス

【重要】DV等で避難している方へのマイナンバーカード交付について

弁護士 斉藤 秀樹

マイナンバー関連での情報提供です。
8月6日、総務省から、DVで避難している等の方へのマイナンバーカード交付 について特例が発表されました。
http://www.soumu.go.jp/kojinbango_card/08.html

(概要)
平成27年10月以降、国民一人一人の住民票の住所地にマイナンバー(個人番号)が「通知カード」により通知されます。 この「通知カード」は、住民票の住所地に簡易書留で送付されます。

(特例の対象)
住民票上の住所以外の、現在の居所に通知カードを希望する方は、居所登録を行います。
 1 東日本大震災により被災し、住所地以外の場所へ避難している方
 2 DV等被害者で、住所地以外の場所へ移動している方
 3 医療機関・施設等への長期の入院・入所が見込まれ、かつ、住所地に誰も居住
    していない方
 4 上記以外の方で、やむを得ない理由により住所地において通知カードの送付を
    受けることができない方

(手続期間)
 平成27年8月24日(月)から9月25日(金)まで
に(持参又は必着)

(申請書・必要書類)
上記総務省のHpよりダウンロードしてください。必要書類も記載されています。

【コメント】
何も手続をしないと、DV、ストーカー被害者、児童虐待を受け施設入所している児童についても加害者へマイナンバーカードが渡ってしまうという最悪の事態になってしまうところでした。夏前から日弁連などを通じて、繰り返し対策を要望していた点、ようやく、特例が公表されました。 不満な点もありますが、とりあえず、活用していただきたいです。

それにしても、平成21年の定額給付金の際も、DV被害者等への配慮がなく、 横浜の弁護士グループに定額給付金差し止め裁判を起こされた経緯があるにもかかわらず、 国(総務省)は全く、学習効果がないです。

更新日 : 2015年08月13日 > お知らせ, 事務所トピックス

事務所冬季休業のお知らせ

事務所からのお知らせ

平素は格別のお引き立てを頂き,厚く御礼申し上げます。

誠に勝手ではございますが,以下の期間,事務所を冬季休業とさせていただきます。
ご迷惑をおかけしますが,何卒よろしくお願い申し上げます。

■冬期休業期間
 2013年12月28日(土) ~ 2014年1月5日(日)

※電話でのお問い合わせにつきましては,2014年1月6日(月)より通常業務となります。
※事務所休業期間前後の各弁護士の個別スケジュールは,上記と一致しない場合がございます。

更新日 : 2013年12月24日 > お知らせ, 事務所トピックス
ページ: 前へ 1 2 3 4 次へ